hoseblo

食や興味をもったことを発信していきます。 気ままにマイペースに。

今日は5年ぶりに復活した漫才の頂点を決める「M-1グランプリ」の決勝。


以前とは異なり、審査委員が今までのM-1優勝者の方たち。
(ネタを作ってる方が審査委員なのかな?)

今年はどんな感じになるんだろうとワクワクして見ました。

とりあえず、各ネタに関して色々と書こうと思ったのですが、長くなりそうなので、結果から・・・・

結果は、トレンディエンジェルが敗者復活から勝ち上がり、勢いそのままに優勝という2007年のサンドウィッチマン以来の快挙を成し遂げました。

トレンディエンジェルのネタはこちら→

 




まぁ、今回の結果からいうと順当と言うのか、妥当と言うのか。

正直、昔のM-1からすると少し残念な盛り上がり方で終わってしまったかなと。

漫才は勢いだけじゃなく、演者さんの言葉の一つ一つの掛け合いがしっかりできていて、掛け合いの中から笑いが起きていく。
そういうのが漫才なんじゃないかと。

人の考えはそれぞれだと思いましたが、今の漫才は一発ギャグやコントが混ざってる今までの漫才ではない、新しいスタイルなのかなと。そしたら、M-1って名前でなくてもいいのかもしれませんね。
(あくまで、一個人の意見ですが。)

自分はお笑いが好きなので、これからも見続けますが、昔のような漫才大会をもう一度みたいなと思いました。

おわり。



今回はM-1について書いたので、個人的に今までのM-1で好きなネタベスト3あげとこう。

チュートリアル「チリンチリン」


麒麟「野球」
 

中川家

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット